4月 02

オリーブオイル、アロエに続く育毛療法は?

030

 

アロエWIKI
オリーブオイルに育毛効果が歩いことは、だいぶ前から知られていた。主にそこに含まれれるビタミンEが、毛根につながる血管の循環を良くして、硬くなった頭皮を柔らかくする作用があるからと言われている。
更に、皮脂の酸化を防ぎ、油に邪魔されることなく髪が成長するのを助けるのだ。
また健康雑誌などで、金人、育毛療法の決定版としてアロエ療法も騒がれてきた。まともと皮膚病の薬、あるいは胃腸薬として使われてきたアロエは、多くの漢方薬などと同様、血行促進効果があるためだ。アロエの葉を切って、中に入っている水分を頭皮につけるだけ、と言ったごく簡単なやり方で、時に市販の育毛剤以上の効果が出ると合ってはだれだってやりたくなる。
他に、話題になったものとして、イン尿療法というのもあった。現実に知り合いでも、女の子の尿を飲むと新陳代謝が活発になって地の循環も良くなり、髪の毛も太くなった、と言い切っている人がいたのだ。ただし、なぜそうなるのかは医学的にははっきりとはしていないようだ。尿によって、男性ホルモンの働きが何らかの形で抑制されるのか?類は尿素のものに血行促進作用でもあるのか?そういえば、このイン尿療法をやってた人間がポツリと履いた一言は印象深かった。おしっこを飲んだあと、改めてビールを飲むんですよ。このビールの旨いこと。どんなに夏に運動したって、あんな旨いビールは飲めない。おしっこ飲んだ直後にビールを飲める人間の神経を、私は疑う。さて、治療法の数々だが、アロエに関しても盛んに特集で取り上げた、ある健康雑誌が今注目しているのは、きな粉ドリンク。くず餅などで使う、あのきなこを減量にした飲み物だ。牛にきなこを大さじ1,2杯混ぜる。それに黒ゴマやはちみつなども入れて、よくかき混ぜて飲む。このドリンクのおかげで髪が生えた、という読者がやたらと多いらしいのだ。専門家の分析によれば、まずきなこと牛乳はとみにタンパク質豊富な食品であって、髪の成長に必要なタンパク質が補給できる。その上で、きなこには先程の紹介したビタミンEや、レシチンという体の血行を良くする成分が豊富に含まれていて、他王妃や毛根を活性化する効果があるのだとか。しかも黒ゴマにも同様な働きがあり、この両者ががッタしたドリンクとなれば、まさしく鬼にい官房という人すらあるというのだ。試してみる価値はあるかもです。

4月 02

医薬品と医薬部外品の違いとは?

通常、育毛剤と呼ばれるもののほとんどは医薬部外品であり、医薬品と呼ばれているのはごく一部です。
この両者の違いを簡単に言うと、医薬品はつまり薬局、薬店で売られる薬であって、厚生省から製造販売の認可を取るためには幾つもの試験をクリア

しなければいけないもの。
一方、医薬部外品は厚生省の認可は必要だが、医薬品ほどには高いハードルなしに認可が得られるもの。
もっとはっきりした違いを上げれば、要するに、医薬品は薬局・薬店でしか売っていいないが、医薬部外品はスーパー、デパート等でも売ってるとい

うことだ。

また、医薬品はw成分表示だけでなく、それぞれがどれだけの分量で含まれているか?
また使用期限などもきちんと表示しなければならない。
しかし医薬部外品の場合は成分表示だけあればいいことになっている。

つまり、一言で言うなら、前者が薬とするなら、後者は薬のようなものとでも言うべきか。こういう曖昧な形態は日本独特のもので、さすが白くろは

っきり付けないのが得意な日本人の国民性をしめしている。

これだけ見てもなぜ育毛剤に医薬部外品のほうが多いかは見当がつくだろう。
医薬品に指定してもらうためには、動物実験、安定性実験、臨床実験などをクリアして開発から申請まで10年近くかかる場合も珍しくないのに

、医薬部外品なら、薬事法で指定されている成分を適量配合して申請すれば2年位で商品化もできる。薬事法指定以外の新規成分を配合するときも、

保湿剤として混ぜると認可に手間取らない。開発に金と時間をかけずに新製品を売り出せるわけだ。

しかも販路も広い、。どこでも気楽に買ってもらえるように、医薬品と同じ程度に開発で力を注ぎつつ、わざと新製品を医

薬部外品の方に申請するメーカーも多いのだ。大体、若年性脱毛症の場合、病気ではなくあれは生理現象とのことで保険の適用は認められていない。
手のハート
これから認められる可能性もない。そうなると、医薬品にする最も美味しい部分、医療機関にたくさん使ってもらって利重を上げるということはでき

ない。だからこそ、大手の薬品メーカーがあまり育毛剤市場に参入せず、化粧品メーカーなどが高いシェアを誇っているのだ。
楽天で人気の育毛剤

↓↓↓↓↓

フェルサスカルプケア

 

 

3月 05

育毛剤に生薬が入っているわけ

最近、育毛剤の中に生薬を配合する傾向が強くなっている。
この理由の一つには、もともと生薬には血行促進タイプの薬が多かったことがあげられるだろう。
やはり育毛剤に用いられることの多い生薬であるセンブリにしても、もともと胃の粘膜を刺激して結構を良くする、という効果が認められており、ならば頭皮の血行もよく出来るのでは、と利用されるようになったくらいで、血行促進で健康を保つことは漢方薬全体の大きなテーマですらあった。
032

それともう一つ。生薬の持つマイルドな曖昧さがメーカーにとってはありがたいこと。
生薬の多くが、じんわりと体全体のバランスを良くする性質を持っている。

副作用がないから認可も降りやすいし、また新たに研究開発に金をかける苦労もない。
ちょうどテレビの新番組で、新人を入れて冒険するよりもタモリやさんまを使って安定した視聴率を稼ごうと、考えるTV局のあり方に似ている。

だいたい育毛剤そのものが聞くのか聞かないのか、よくわからないものであり、生薬の持つ曖昧さと、妙に馬が合うのだろう

3月 02

育毛剤は薬効で分類すれば4種類

数多く発売されている育毛剤だが、もちろん製品ごとに成分も薬効も明確な違いがある。ことに薬効については、分類の仕方は色いろあるとして、一

応、4種類に分けられる。第一が、毛細血管を拡張して、血流を増加させるタイプ。つまり毛母細胞になるべく多くの血を送って、細胞分裂を活発に

させようというものだ。育毛剤全体の中でも、このタイプの比率が最も多い。第2が、毛母細胞そのものを活性化させてけの休止期を短くしていこう

とするタイプ、。まだ多数派ではないが新しい方の育毛剤にはこのタイプが増えている。

第3が、毛母細胞の働きを鈍らす男性ホルモンの作用を抑えようというタイプ。第4が、過剰に分泌される皮脂を取り去るなど、頭皮を活性化して、そ

の新陳代謝を高めていこうというタイプ。
フケ防止、カビや最近の消毒、殺菌などもこれに含まれる。そこでまず、最も一般的な血行促進タイプの製品からその成分を見ていくことにしよう。
夕日の画像
代表的なのが、育毛剤でも数少ない医薬品の一つであるカロヤンシリーズ。

主成分は、胃腸の働きを活発にする働きがあるとして、もともと胃下垂を治す薬で登場した塩化カルプロニウムだ。
ところが実験していくうちに、塩化カルプロニウムを頭皮に塗ると、それが自律神経を刺激興奮させ、末梢神経の拡張を促すことがわかってきた。
ただしあくまで血流促進効果止まりであって、その限界を超えるため、現在のカロヤンアポジカでは、第二タイプの効能も併せ持つため、カシュウ、

チクセツニンジンなどの漢方薬も配合している。ここ数年で育毛剤の分野も進んで、最近出される新製品の多くは、このように2タイプ以上の薬効を

うたっている。

2月 02

育毛剤の一番効果的な付け方

プレゼント

 

PR 育毛シャンプーランキング男性
せっかく高い金をかけて買っている育毛剤も、使い方次第ではただの水と同じ。
毛穴の中に入り込み、毛根にまで浸透させなければ、いくらつけても気休めにしかならない。
毛根は約1ミリの間隔ごとに約0.1ミリの太さで開いているつまり、
丸坊主にしても十分の1も浸透しないのに、ぱっぱとフルかけるだけでは、更に上に邪魔されて中にはいってはいけないわけだ。
毛根が老けや油で塞がれていたら、なおさら救いがない。

その上、せっかく毛根に入っても、持っとも育毛剤を必要としている毛母細胞や毛乳頭に染みこむのは、更にその数分の1と言われる。この確率を少

しでも上げること、それが育毛剤を有効に使う秘訣だ。

まずは洗髪。フケ、油などをここでしっかりと洗い流す。
頭皮に脂が残っていると、ちょうどワックスがけした自動車みたいなもんで、いくら育毛剤をかけてもただ跳ね返されるだけで意味が無い。
しかもその後にせっかく頭皮マッサージをしても、育毛剤ではなく油の方を毛穴に染み込ませる結果になるのだから始末が悪い。

その辺に注意して髪を洗ったあと、シャンプーリンスを完全に落として、水気をちゃんと取る。
それから、頭皮の数カ所、特に気になる部分を中心に育毛剤をかけながら、もう一方の手で揉みほぐしながら頭皮になじませる。
次に両手でマッサージ。10本の指の腹がそれぞれ円を描くように入念にやるのがコツ。

マッサージは、ただ単に育毛剤を浸透させるだけでなく毛母細胞を刺激して、血行促進にもなるというのだから、なるべく長くやるのがいい。最低5

~10分はやったほうがいいようだ。洗髪後だけではなく、いつでも気がついた時に頭をマッサージするのは聞くもう効果だけではなく、疲労回復やス

トレス解消にもなる。

また、同じマッサージでも、指の腹で左右の頭皮をぐっと中央に持って行き、ぱっと引き離すもの、頭頂部の頭皮だけで片手で摘んでぱっと離すもの

など、色々併用してみるといい。

とにかく肝心なのは頭皮。ここを柔らかくしておかないと育毛剤の通りは悪い。以上これだけのことをやっていれば、育毛剤浸透の割合は相当上がっ

ているはず。

最低3ヶ月は続け、それでも効果が無いような育毛剤の銘柄を変えてみる。そのくらいのタイムテーブルで継続してみよう。
ちなみに毛母細胞の活動が最もさかんになるのは、1日の中で夜の9時から、19時ころまで、という説がある。そうすると、それ以前に食事、入浴、先

発を済ませ、この時間に育毛剤と頭皮のマッサージをやると最も効果的なわけだ。そのアリフスタイルを守れる方ふさふさはめの前だ。

2月 02

育毛剤市場は超有望市場

育毛剤の市場規模は、薬局、スーパー、訪問販売、通販など多岐にわたるため、なかなか実態はつかみにくいが、約数百億万以上と言われている。
ことにユーザー層が急上昇しつつあるのが20代。
アデランスが平成に発表した、育毛に関する大学生の意識調査によれば、すでに薄毛を気にしている男子学生が20%ほど、将来不安だというのが80%

近くにも及んだ。
そんな彼らの多くが利用しているのが、価格帯1500円前後の育毛トニックだ。

中には、センブリ、人参、などの生薬配合を売り物にした製品はあるものの、基本的にトニックはあくまで血行を良くし、抜け毛を防ぐのが目的の抜

け毛予防であって、女性ホルモンが配合されたものなどの強い薬が含まれていることはない。やはり30代以上の男性が主体になる本格育毛剤となると

、価格帯はほぼ6000円前後。
ただし今後はメーカー間の価格競争も激化の兆しが見える。

更に注目しなければならないのが、女性ユーザーの急増だ。
今のところ、まだ市場は男性を抜けないが、伸び率は男性以上。
メーカーもここ数年女性用育毛剤に力を入れるようになっている。
もともと、女性の髪と男性の髪の性質が違うわけではないので、各メーカーとも、配合する成分などは男女とも代わりはない、ただし、商品としては

砂場にハート
微妙に変えてきている。

女性用なら、フローラル調の香りにしたり、女性が使いやすいような工夫がされている。
なぜ、このうように育毛剤市場が急激な伸びを見せているのか?
もちろん薄毛の悩みを抱えている人たちが増えているのが最大の原因だろうが、社会状況の変化で育毛剤を買うことがあまり恥ずかしくなくなった点

が大きい。

1月 14

究極の育毛剤ミノキシジルって何?

031

今、注目を集めているミノキシジルもまた、元々は高血圧の薬として1979年、、アメリカで認可された内服薬だった。ところが、元来は血管を拡張して血圧を硬化させるのが目的だったのに、これを飲んだ人の髪が目立って濃くなったり、太くなるという効果が認められたのだ。早速80年代に入って、製造元も育毛剤としての臨床試験を開始。

やがて88年にミノキシジルの2%溶液をロゲインの名で売り出すまでの間で、なんと84%の対象者に対して有効性が認められる、という驚くべき試験結果が出た。更に、このミノキシジルが、今までの育毛剤とは根本的に違う、ある特殊な薬効を持つらしいことが明らかになったのだ。

当初、ミノキシジルの育毛効果とは、今までの様々な育毛剤同様、毛細血管の緊張を弱め、毛髪付近の血管を拡張して結構を良くするのが原因、と思われていた。
しかし、試験を重ねていくと、血行促進よりも毛母細胞などに直接刺激を与え、細胞分裂を促していること、しかも、どうやらミノキシジルは、動物の体毛に影響を与える遺伝子に何らかの刺激を送っているらしいことがわかってきたのだ。
例えば、ラットによる試験ではミノキシジルを与え竹には、あきらかにDNA合成とタンパク質合成の増加が確認されたという。

だがここではっきりという。このミノキシジルが同遺伝子に刺激を与えるものかというメカニズムははっきり分かってはいないし、また、ロ元さえ使えばつるつるの頭がふさふさになるわけではないのだ。メーカーに寄っては、ウチで出している商品と大した差はないと言い切っているし、また、頭頂部から髪の毛が抜けてくるO字型のハゲには効果があっても、前頭部左右から抜けてくるM字型にはあまり効果が無いらしい。

少なくとも、前頭部を剥げさせる原動力になっている男性ホルモンへの抑止力はあまり強くない、都の評判だ。残念ながら、世の中、それほど簡単には究極の毛生え薬は出てこない。
ただ効果があるのは事実であり、アメリカではすでに医師が処方薬として使用。近い将来直接薬局で買える大衆薬になる予定だ。

1月 02

なぜ人間は、これほどまでに抜け毛に悩まなくてはいけないのだろう?

003

今をさかのぼること4000年前、すでに古代エジプトのパピルス文書の中でも、ハゲに悩む男の話が記されているとか、、
この時代抜け毛を直すために、人間の髪を溶かして作った混ぜ薬を使ったともいわれている。
また、抜け毛を予防するために、蛇やワニをはじめ,
様々などうぶつたちのしぼうぶんをあたまにするこんだおとこもいたらしい。

だがおそらく、そんな薬の数々を使ったとしても、彼らの悩みは解消されることはなかっただろう。
それで髪が生えるくらいなら、現代の人間がこんなに苦労しやしない。

それにしても、そんな大昔にも、やはり抜け毛に苦しんだ人々がいたことに大きな感慨がある。
古代エジプト人が急に身近に感じられるってものだ。

その後も、玉葱の皮を使うものあり、にんにくを使ったものもあり、誠に様々な原料が育毛剤、と言うよりハゲ頭をふさふさに戻す毛生え薬として考

案されてきた。
日本でも江戸時代の、都風俗化粧簿という本には、髪の毛の抜けた部分を松葉で擦って血を出し、それにコウモリの黒焼きをごまの油で溶いたものを

塗る、なんて方法が書かれていたとか。
もう、ここまで聞かされると、まるで錬金術だ。近頃になって、究極の毛生え薬へのあくなき欲望は途絶えることはないが、科学の発展とともに、金

は近以外の原子から生まれることがないのがわかって、錬金術は歴史の闇の向こうへ消えていった。